建売住宅の購入には手付金や収入印紙などの諸費用が掛かります

建売住宅を購入する場合には、本体価格以外にも諸費用がかかります。まずは、契約のときの手付金です。手付金の金額についてはさまざまですので契約前に確認しておきましょう。この手付金は本体価格の一部ですが、もし契約を途中で破棄した場合には戻ってきませんので注意しましょう。また、現金で用意する必要がありますのでもし貯金がない場合にはどうにかして捻出しましょう。建売住宅の価格の数パーセントが手付金の目安です。

また、契約の際には収入印紙が必要になりますのでそのお金も用意が必要です。これは購入価格によりますが、数万円程度用意しておけば大丈夫です。契約までに準備するものとして、不動産屋さんの担当者が教えてくれますのでその通りに用意しておきましょう。また、契約の際には本体の代金以外に仲介手数料の支払いも必要になります。直接売主から購入する場合には仲介手数料が発生しませんが、販売店などが挟まっている場合には発生します。

建売住宅購入時に住宅ローンを使う場合には、事務手数料や保証金なども発生します。

これは銀行などによって金額が異なりますので、事前にリサーチしておきましょう。金利が安くても、ローンを組むための手数料などを入れるとトータルでかかる金額が高いなんてこともありますので注意が必要です。その他に、ローンを組む場合には団体信用生命保険への加入も必要となりますので、その保険料も用意しておきましょう。ローンによっては銀行側が料金を負担してくれますのでそういったものもおすすめです。

また、火災保険の保険料も用意が必要です。

特に住宅ローンを利用する場合には火災保険への加入は必須です。ローンの期間と同じだけ火災保険への加入が必要になりますので、思ったよりも高額になります。建物の構造によって保険料がだいぶ金額が変わります。また、火災以外の災害についても補償するかや家財道具にまで保険をかけるのかなどによっても変わります。火災保険以外には地震保険についても加入しておくともしものときに安心です。

現在の時間

ブログパーツ